かがわ水と緑の財団

公渕森林公園

香川用水記念公園

緑化推進

緑の募金

野生傷病鳥獣保護

トップページ > 緑の募金 > 緑の募金とは

○緑の募金とは

森林をはじめとする緑は、地球温暖化防止をはじめ、水資源のかん養や大気の浄化、潤いと安らぎのある快適空間の創出など、私たちの暮らしに欠かせない大切な役割を担っています。

一人ひとりが森林を自分たちの共通財産と考え、森林を守り育てる運動として発展することを期待して、1950(昭和25)年に「緑の羽根募金」運動が始まりました。1995(平成7)年には、緑の募金による森林整備等の推進に関する法律が制定されて「緑の募金」運動が展開されております。

この法律第5条1項の規定に基づき、当財団が香川県知事より「緑の募金」の業務を行なう者として指定されております。

皆様からお寄せいただいた募金は、森林の整備や地域の緑化の推進等に活用され、水と緑に恵まれた美しい郷土づくりに役立っております。

より多くの皆様の「緑の募金」への参加により、県民全体で森林を守り育てる運動として発展できますよう、ご理解とご協力をお願いします。

▲ページトップへ戻る